javaはプログラミング初心者が取得する難易度が高い理由

目次

Javaはプログラミングを始めたばかりだと難度が高い。その理由は専門性が高い事にある

Javaはプログラミングを始めたばかりだと難度が高い。その理由は専門性が高い事にある

プログラミングに興味がある人であれば必ず耳にしたことがあるのがJAVAではないでしょうか。これらは耳に馴染み深いものでありながら、実は難易度は高めと言われています。

そのためプログラミング言語の初心者が最初に学ぶには適していない言語と言われています。しかし、一体どういてなじみ深くて求人も多いJAVAは初心者におすすめできないのでしょうか。

今回はその理由を徹底解説していきます。

難易度の高いバグがあり、エラーの解析が難しい!!

難易度の高いバグがあり、エラーの解析が難しい!!

JAVAは最近話題のオブジェクト指向の言語とは異なり、複雑な言語です。その中でも特に難しいのがエラーの解析です。プログラミングを志す人にとっては、避けては通れないのがエラーへの対処です。

Javaの場合は他の言語と比較してもエラーの対処が難しいのです。プログラミングにおいてはエラーが出た場合、それを解決しない限り先に進むことができません。この作業を初心者が一人で行うのはとても難易度が高いと言えるでしょう。

設計の難易度も高め!初心者にはハードルが高め!

JAVAは設計の難易度も非常に高いレベルを求められます。「設計」では仕事として取り組む場合大規模なシステムを構築することが殆どなので、後から拡張できることまで見据えた設計をする必要があります。

これはプログラミング言語の文法レベルの話ではなく実務者としての経験が大切になってきます。そのため中途半端にJavaを習得してもそれを活かして仕事をすること自体が難しいということになります。

Javaは難易度が高い!学習するのにも時間がかかる!

Javaは難易度が高い!学習するのにも時間がかかる!

前述してきた通り、Javaは技術難易度の高い言語なので、学ぶのにもそれなりの時間がかかります。つまり学習コストが高いということになります。ましてJavaを活用して実際の仕事をしていくとなった場合は学習範囲がプログラミング言語の範囲にとどまりません。

例えばネットワーク、ハードウェアについても一定の知識がないと仕事が成立しないというケースもあります。そして「デザインパターン」というプログラミングをするうえでの典型フレーズも学習して汎用設計はマスターしなければいけないでしょう。実際はそれに加えて更に機能追加などの拡張を求められることになります。

Javaは学習環境を整えるのも初心者にはハードルが高い!

Javaは学習環境を整えるのも初心者にはハードルが高い!

近年はプログラミング学習をする環境はだいぶ整ってきました。中には無料以上の価値があるプログラミングスクールも見うけられます。しかし、それらがあるにしてもJavaJava学習やC言語学習にまで対応した学習サービスは限られています。また、その現場で異なるフレームワークが使われていることもしばしばあるので、実践的な部分は現場の人に聞くしかないでしょう。

このような理由から他の言語よりも、実際に仕事で使うレベルまで学環境を整えるのは非常に難しいと言えるでしょう。

そもそもJavaは個人でのビジネスには不向き??

Javaはそもそも個人ビジネスに向いていないという側面もあります。つまり、例えば個人でアプリ制作をする場合はJavaよりも他の言語を習得したほうが早く目的のものを作ることができます。

フリーランスや独立して起業したいという人、自分で何かプロダクトを作りたいという人であればJavaは最初に学ぶべき言語ではないと言えるでしょう。

初心者がJavaを覚えてもキャリアの選択肢が少ない!!?

初心者がJavaを覚えてもキャリアの選択肢が少ない!!?

JavaだけではなくC言語などもそうですが、入門レベルをマスターして、中級者になったからといって任せてもらえる仕事の幅は狭いのが実情です。つまり、最初はキャリアとしての選択肢が殆どないわけです。

JavaやC言語は汎用的な技術なように思えるかもしれませんが、実際はその会社や現場に依存したシステムにコネクトして使用されていることも少なくありません。基本ができていても応用力がなければ、その現場でしか通用しないということになってしまうわけです。

Javaは次につながる新しい技術を身に付けづらい?

Javaは次につながる新しい技術を身に付けづらい?

Javaは大規模なシステムで利用されることが多いため、非常に保守的といえます。そして、規模が大きいほどより保守的な傾向が強まるため、運用体制や使用技術は古いものもしばしば見うけられます。

もし、プログラミングの中でも新しい技術や最新のアプリ開発に挑戦してみたいという人であれば、Javaでない言語を選択するべきと言えるでしょう。

Javaは難しいけどそれでもおすすめの言語??

Javaは難しいけどそれでもおすすめの言語??

ここまでJavaについては難易度が高く初心者にはおすすめできないと繰り返してきました。しかし、矛盾するようですがそれでもJavaはおすすめの言語です。

その理由としてはやはり世の中全体の需要が非常に高く、食いっパグれることはまず考えにくい言語だからです。データによってはフリーランスのプログラミング言語案件の30%がJavaであると発表しているものもあります。

では初心者がJavaを学のに適した方法はないのでしょうか。

その答えを次の項目で説明します。

Javaを勉強するおすすめの方法はこれだ!

Javaを勉強するおすすめの方法はこれだ!

Javaを勉強するおすすめの方法はプログラミングスクールを活用することです。プログラミングスクールを活用することで独学でのハードルを簡単に超えることができます。

プログラミングスクールではプロのエンジニアが先生となって、プログラミングの技術習得を助けてくれます。先に説明した通り、プログラミングの最大のハードルはエラーです。エラーの対処を一人で初心者が行うのは極めて非効率です。

しかし、既にエラーの対処を熟知した先生が一緒に伴奏してくれることで、効率的に知識を身に付けてエラーの対処もできるようになります。プロのサポートというのはそれほどに価値があります。

 

アンカーは プログラミングスクールおすすめランキングはこちら

Javaを学ぶのにおすすめスクールはこれだ!

Javaを学ぶうえでおすすめのスクールはCode Camp、Tech Academy、Kenスクールです。各学校にはJavaに特化したコースもあるので、初心者にとって心強い味方になると言えそうです。

CodeCamp

ここではJavaを学ぶのに適したおすすめスクールを紹介しています。ずばり一番のおすすめはCode Campでしょう。Code Campは自分のペースで時間や場所を選ばずにプログラミングを学ぶことができます。未経験者でもきちんとJavaを学ぶことができる「Javaマスターコース」があります。

TechAcademy

TechAcademyもかなり効率よくJavaを学習することが可能です。未経験者だけどIT業界に転職したいという人におすすめのスクールです。Javaコースでは「日報管理」、「メッセージボード」、「データベース連携アプリ」を開発しながらJavaの基礎、応用を習得することが可能です。

KENスクール

KENスクールはパソコンを持っていない人や資格取得をしたい人、転職サポートを受けたい人におすすめのスクールです。同スクールではJavaベーシック講座が開校されています。WEBアプリケーション開発、システム構築、データベース接続、フレームワークを身に付けることが可能です。

スクール名 受講形式 月額料金 期間 サポート体制 転職就職支援
CodeCamp オンライン 4,900円〜 2ヶ月
TechAcademy オンライン 5,000円〜 1ヶ月
KENスクール 教室 29,000円〜 3ヶ月

独学は「毒学」!初心者は時間を無駄にするだけ

プログラミングを身に付けるうえで一番やってはいけないのは独学です。自分で書籍を買って勉強するというのは想像以上にハードルが高いという事実に気が付くべきでしょう。それによって、沢山の人が挫折してきたからこそプログラミングスクールが誕生して、多くの人が効率よく学んでいるわけです。

何か新しいスキルを身に付ける時に、あなたが10代や20代の前半ならば時間をかけても良いでしょう。しかし、大半の人はプログラミング技術を身に付けてすぐにでも稼げる能力を身に付ける必要がある人が多いと思います。

転職して年収を上げなければ、じり貧、なんとかプログラミングスキルを身に付けてキャリアを変えていきたい。このように考えているまじめな人こそプログラミングスクールを活用して最短距離でキャリアアップを図るべきでしょう。

こんな人はJavaを独学でOK!!

こんな人はJavaを独学でOK!!

ここまで紹介してきた話ではプログラミングを初心者が学ぶにはプログラミングスクールは必須ということです。しかし、次に挙げる人達は例外的に独学で学ぶことになります。

まず、プログラミングスクールは学費がかかります。決して安い金額とは言えませんから、どうしてもお金がないという人はプログラミングスクールに通うのは難しいでしょう。

しかし、基本的な内容は無料で学ぶことができる環境も整いつつあるのでそれを活用すれば決して勉強できないわけではありません。

プログラミングを学びたいという強い意志があって、時間をかけることができれば独学でもスキルを身に付けて転職をすることができるでしょう。

Javaでできることはこれだ!今後も需要は続く安定性がある言語!

Javaでできることはこれだ!今後も需要は続く安定性がある言語!

Javaはプログラミング言語の中では習得することが難しい言語のひとつです。しかし、Javaのスキル身に付ければ、よほどのことがない限り仕事にありつけないということはないほどに、高い需要を誇っています。

これは他の言語にないJavaの強みということができます。また、Javaはオブジェクト指向の言語として知られています。これは昨今の最新言語との共通点ですから、Javaを学んだうえで他の言語を学べば更に学習効率が高くなります。

そのうえで改めてJavaでできることを整理しましょう。Javaの代表的なものは業務システム、ウェブアプリケーション、アンドロイドアプリ開発などです。

業務システム

業務システム

身近なところでは「運輸会社のデリバリーシステムや金融機関の取引システムなどJAVAによってプログラミングされています。その他でもコンビニなどの発注システムが代表的です。

こうやって考えてみると身近なところでJavaが利用されていることがわかります。身近なところで利用されているということはそれだけ需要が大きいということを意味しています。

Javaをプログラミング言語として習得して食いっぱぐれがないというのはこういうところに理由があるわけです。

ウェブアプリケーション

ウェブアプリケーション

SNSは多くに人が使っていますよね。皆さんが良く使っているTwitterなどのWebアプリケーションもJavaでプログラミングされています。SNSは非常に身近ですよね。

とにかく見渡してみると身の回りでかなりJavaが使われています。これだけ身近であるということは、あなたも将来は有名アプリの開発に携わっている可能性もあるかもしれません。

アンドロイドアプリ開発

アンドロイドアプリ開発

Googleの3大言語というのを知っていますは。C言語やC++、そしてJavaが代表的な3つの言語です。アンドロイドアプリがJavaで開発されているため、これらの技術に興味がある人にとってはJavaは魅力的な言語と言えるでしょう。

Javaプログラマーの年収はどのくらい?他の言語と比較して徹底解説!

Javaプログラマーの年収はどのくらい?他の言語と比較して徹底解説!

2019年ではJavaの年収ランキングはTOP10圏外になっています。これは新たなん言語などが登場したために、それらの言語を使える人が少ないため、企業としてもそういった最新言語を使えるエンジニアに高額年収を支払うこととした影響が考えられます。

1位 Go

1位 Go

Goはグーグルが開発したプログラミング言語です。現在プログラミングの転職市場においても非常に注目されている言語です。生産性向上のためオープンソースのプログラミング言語です。

コードの記述がシンプルであるにもかかわらず、表現力豊かにコード入力可能です。

2位 Scala

2位 Scala

2位はScalaです。この言語は「オブジェクト指向と関数型プログラミング」の両方を扱えます。

少し言葉は難しいですが、柔軟で感覚的にプログラミングをできる言語といえます。また、関数型プログラミングとは解決しようとする問題に対し、関数の組み合わせで記述するプログラミングの手法です。

ツイッターやチャットワークスなどでも採用されており、今後もシェアが拡大していくと考えられます。

3位 Python

3位 Python

Pythonは少ないコード量プログラムを書くことができるプログラミング言語です。経験の少ない人でも比較的コードが読みやすいと言えます。

しかし決して、初心者向けの言語ではありません。人工知能(AI)や教育分野のWeb開発などで採用されている最新言語のひとつです。

順位 言語 最低額 最高額
1 Go 600万円 1,600万円
2 Scala 600万円 1,300万円
3 Python 575万円 1,500万円
4 Kotlin 575万円 1,200万円
5 TypeScript 575万円 1,200万円
6 R 575万円 1,000万円
7 Ruby 550万円 1,200万円
8 Swift 550万円 1,200万円
9 Perl 525万円 1,200万円
10 C 525万円 1,000万円
圏外 Java 370万円 700万円

Javaの年収は低いのは価値のない言語ということ?転職では実は求人数の方が大切!Javaは圧倒的に有利!

Javaの年収は低いのは価値のない言語ということ?転職では実は求人数の方が大切!Javaは圧倒的に有利!

このランキングではJavaはTOP10圏外です。年収が低いということは市場価値のない言語と思う人もいるかもしれません。しかし、それは大きな間違いです。

転職市場においては、求人数の安定感が年収以上に大事な要素になってきます。求人数のランキングを見るとJavaが圧倒的なシェアを誇っていることがわかります。

どんなに年収が高くても求人数があまりに少なければ仕事にありつくことはできません。しかし、求人数が多ければそれだけ食いっぱぐれないことを意味しています。プログラミング言語という意味ではJavaは年収が低いように感じますが、最低でもサラリーマンの平均年収、うまく他の言語組み合わせれば年収1000万円上も可能です。

順位 言語 シェア
1位 Java 28.10%
2位 PHP 17.90%
3位 JavaScript 7.10%
4位 C#/C#.NET 7.00%
5位 C/C++ 6.40%
6位 Objective-C/Swift 6.00%
7位 HTML 5.10%
8位 Android 4.90%
9位 Ruby 4.70%
10位 Unity 3.20%
11位 VBA/VB・VBScript 3.00%
12位 VB.NET 1.90%
13位 Python 1.60%
14位 Perl 1.00%
15位 COBOL 1.00%
16位 Scala 0.90%
17位 Go 0.30%

Javaプログラマーが更に年収を上げるにはどうすればいい?

Javaプログラマーが更に年収を上げるにはどうすればいい?

Javaプログラマーが年収あげる最適な方法は他の言語と組み合わせることです。まずはJavaをマスターすれば仕事そのものに困ることはありません。市場でのシェア30%以上というのは圧倒的です。

つまりこれはプログラマーとしての転職パスポートのようなものだと考えれば良いでしょう。そしてそのうえでプログラミング言語の中でも付加価値の高い、最新言語もマスターすることで汎用的なスキル+付加価値ということで市場においても非常に優位なポジションを築くことができます。

Javaプログラマーのメリットこれだ!

Javaプログラマーのメリットは①高い汎用性を備えた技術であるということ、②セキュリティレベルが非常に高いということ、③多様なデバイスを使用できるということの3点です。

高い汎用性!なんでもできる!

Javaの高い汎用性はそのまま転職市場でのトップシェアという数値に現れています。仕事が多いということはそれだけ沢山身近で使われているということになります。アンドロイドでもJavaは使用されていますし、物流や金融システムでも利用されています。

この汎用技術であるJavaを身に付けて応用言語も覚えれば鬼に金棒と言えそうです!

セキュリティのレベルが高い!

Javaはセキュリティの高いプログラミング言語です。Javaは複雑故に非常にセキュリティレベルが高い言語です。そのため、多くのビジネスのシステムにおいてJavaが採用されているわけです。

銀行や証券会社など最高のセキュリティが求められる大規模なシステムで利用されているのはこのような理由からです。

多様なデバイスを使用することができる

Javaはどんなデバイスでも使用可能です。そのためPCやスマートフォン、家電製品(冷蔵庫、洗濯機)あんど多くの製品を動かすソフトウェアを開発できるわけです。

一度書いたプログラムはどこででも動かすことができる、これがJavaの重要な強みになるわけです。

Javaプログラマーのデメリットこれだ!

Javaプログラマーにもデメリットはあります。これを乗り越えることができればJavaというプログラミング言語のメリットを享受することができます。

Javaは非常に複雑である!

複雑であるが故にセキュリティレベルが高いことがメリットなのですが、裏を返せばそれだけ複雑な技術が求められるということです。実はメリットがデメリットに転じてしまうこともあるわけです。

このような理由から膨大な作業量になってしまうこともしばしばあります。

学習が難しい!

複雑な言語であるということは、独学などの場合は非常に学習コストが高くなり、挫折しやすい言語となります。しかし、この点はプログラミングススクールを活用することで克服することができます。

学習コストが高いものほど価値があります。それだけ誰も学ばないからです。学習コストが低い言語は出始めた当初は人材が少ないため年収も高めですが、いずれ誰でも学んで習得することができれば年収は下落していきます。

Javaにはそのようなデメリット回避できる強みがあります。弱みでも現在の不安定な市場においてはそれを克服したときに非常に強固なメリットになるわけです。

しかし、はっきり言うと、どんなプログラミング言語にもデメリットはあります。最新言語で人気の高いものの中には日本での求人が殆どないものも少なくありません。年収が高くても働き口がないという部分はあまりクローズアップされていないようにも考えられます。

やはりプログラミング言語を学習するということは、就職や転職という目的であるということをしっかりと見据えるべきです。闇雲に初心者が最新言語を学んでも就職、転職市場においての付加価値は低いと言えるでしょう。それよりもまずは確かな需要が見込めるJavaをマスターしてそのうで他の言語を学というスタイルの方が効率的といえそうです。

Javaと相性のいい言語を徹底解説!

Javaを最大限に活用するにはやはり、Java+αでもう一つ言語を習得したいものです。おすすめの言語としてはいくつかありますが、Javaを学うえでJavaより先にマスターしても転職市場で価値があり、更にJavaを効率的に学ぶことができる言語をピックアップしました。

ひとつは日本で生まれて最近では市場に随分と浸透してきたRubyという言語です。もう一つはPythonです。こちらの言語もFacebookの開発などで利用されて言語です。

プログラミング言語についてはこちら

RubyはJavaと相性がいい!書きやすくお勧めの言語!

RubyはJavaと相性がいい!書きやすくお勧めの言語!

Rubyという言語は日本人の「まつもとゆきひろ氏」により開発されました。

流行りのオブジェクト指向のスクリプト言語であり、コンパイラ不要です。書くコードの量が少なくて済み、読みやすく作業効率も良い言語です。

Rubyは、Ruby on RailsというWebアプリケーションフレームワークでプログラミングを行います。

日本人が開発したということもあり、Rubyを使っている会社は国内でもシェアを伸ばしています。また、海外市場でもrubyの活用が増えているようです。

基本的には学習コストが低い言語なので、これをマスターしたうえでJavaを習得するという道筋を立てることができそうです。

ルビーはスクールに通って学ぶのが最も効率が良いでしょう。これをいち早く習得してJavaを学うえでの土壌を作るのが良いでしょう。スクールでは講師による指導、適切なカリキュラムで最短ルートでRubyを学ぶことができます。おすすめスクールを下記にまとめてみました。

GEEK JOB  完全無料で転職までサポート/20代限定
TechAcademy   オンライン完結。初心者向けスクールの定番
TECH::CAMP オンライン/オフライン両方OK。学び放題
Tech Boost  オンライン/オフライン両方OK。起業・独立希望者向け
ポテパンキャンプ 3ヶ月10万円で格安。とにかく安く済ませたいならココ

Pythonとの組み合わせもおすすめ!転職市場で優位になる

PythonもJavaとの組み合わせでおすすめの言語です。Pythonは少ないコード量でプログラムを書くことができます。これは経験の少ない人にもコードが読みやすいと言えます。早く習得することができるというのは、通常学習コストが高めのプログラミング学習においては非常に有利といえそうです。

プログラミングで挫折する一番の要因が言語が難しすぎて理解が進まず勉強しなくなるというパターンです。Pythonは文法がシンプルで必要最低限のものしかないため、初心者にとっても書きやすく、読みやすい、つまり学習コストの低い言語というわけです。

このような文法のシンプルさと、この先の需要が見込まれる期待感からプログラミングに初めて取り組む人でも理解しやすく、就職にありつきやすい言語として注目されています。近年ではアメリカの有名大学でもPythonが教えている授業があるほど浸透してきているようです。

 

ただし、Pythonに限って言えばおすすめの言語ではあるのですが、海外での市場の方か大きいため、日本ではすぐに役立つかは微妙という意見もあります。

まとめ

①Java年収ランキングはTOP10圏外。しかし、転職市場のシェアはダントツの1位。今から勉強しても食いっぱぐれることが少ない。初心者においてはまずは働き口があるということが非常に重要。

②Javaのメリットは高い汎用性を備えた技術であるということ、セキュリティレベルが非常に高いということ、多様なデバイスを使用できるということの3点。家電から金融機関や物流会社の大規模システムまで幅広く活用されている。

③デメリットは学習コストが高いこと。しかし、どんな言語にもデメリットは存在する。転職市場では30%以上占める人気言語であるため、やはり習得は必須。学習コストが高いのはプログラミングスクールを活用することで解決可能である。

④Javaプログラマーが年収あげる最適な方法は他の言語と組み合わせること。初心者がJavaをマスターすれば仕事そのものに困ることはない。

プログラマーとしての転職パスポートこそJavaであり、これを学んだうえでプログラミング言語の中でも付加価値の高い、最新言語をマスターすれば汎用的なスキル+付加価値ということで市場においても非常に優位なポジションを築くことができる。

⑤Javaと組み合わせて学ぶのにおすすめの言語はRubyとPythonである。Rubyは国産のプログラミング言語で国内市場でも人気が出始めている。日本で開発された言語であるため、最新の情報を日本語媒体で手に入れることができる数少ない言語である。外国市場で転職を考えるエンジニアはPythonがだ。海外では高い人気を誇っている。