未経験でもプログラマーにはなれるのか?

未経験からフリーランスのプログラマーにはなれるのか?

未経験からフリーランスのプログラマーにはなれるのか?

プログラミングが出来なくてもプログラマーになる事は可能か

プログラミングが出来なくてもプログラマーになる事は可能か

プログラマーと聞くと専門的な知識などがなければなれない印象があります。

しかし現在では業界の人材が不足しており、その企業によっては未経験でも募集しているところがあります。

また人材の育成に関しても充実している企業もあるため、プログラミングが未経験であっても、プログラマーになることは十分可能です。

ただ未経験からフリーランスのプログラマーになるという場合、実務経験がないため必要なスキルもないことから、エージェントで仕事を紹介してもらうこと自体が厳しいです。

そのため未経験からプログラマーになりたいという場合は、基本的に企業に就職して実務経験を積んでからフリーランスに転身するという流れになります。

WEB制作なら未経験からでもフリーランスで活躍できる!

未経験からフリーランスのプログラマーになるには、実務経験がないことにより仕事を獲得するのが難しいわけですが、WEB制作であれば企業での実務経験がなくてもフリーランスで活躍できる可能性があります。

というのもWEB制作の場合は、HTMLやCSS、JavaScriptといった初心者でも比較的簡単に習得可能なプログラミング言語を勉強することで、仕事を受注できるようになるからです。

仕事の受注に関してはクラウドソーシングなどでも可能であり、ポートフォリオを充実させ、最初は提案金額を少なめにしたりと他との差別化が図られるような提案の仕方をすれば、仕事を獲得することもできるでしょう。

やる気と覚悟をもって取り組む事。20代後半前から始めるのがベター

プログラマー未経験であるという場合、プログラマーとしてまともに仕事ができるようになるにはとにかく覚えることが多く、働き出してからも日々勉強していく必要があります。

そのため特に未経験者でプログラマーになりたい場合、働き出してからも技術を吸収し続けていこうという姿勢が重要になります。

未経験からプログラマーになる場合は20代後半がボーダーラインに

未経験からプログラマーになる場合は20代後半がボーダーラインに

プログラマーになりたいけれどもプログラマー未経験であり、働き出してから本当にプログラマーとしてやっていけるのかどうか不安であるという場合もあるかもしれません。

そういった場合は、独学をするかプログラミングスクールで勉強してある程度スキルを身に着けてから応募することで、仕事にも採用されやすいでしょうし、入社してからも比較的に楽にはなるでしょう。

しかし未経験からプログラマーになる場合は、20代後半までだと年齢が理由で採用されないことはありませんが、それ以降(具体的には28歳程度)になってくると未経験者だというのであれば年齢が原因で不採用になってしまう可能性も多々考えられます。

そのため未経験から本気でプログラマーを目指す場合は、なるべく28歳を超えてしまう前に就職を行うのが理想的です。

そしてそこで十分に実務経験を積んだ後に、フリーランスとして転身すると良いでしょう。

30代40代からでもプログラマーにはなることは可能?

30代40代からでもプログラマーにはなることは可能?

30代以降でプログラマーになる場合、スキルや経験がなければ就職することは困難になります。

つまり全くの未経験からである場合は、30代40代からプログラマーになるのはかなり厳しいです。

ただし30代以降でも通学可能であり、就職サポートが充実しているようなプログラミングスクールに通えば、プログラマーとして働くために必要なスキルや経験を学べたり、就職先を斡旋してくれたりもします。

そのため未経験でも30代や40代からプログラマーになりたい場合は、そういったプログラミングスクールに入学してから、企業へ就職することも可能です。

採用担当者がどのような視点でプログラマーを見るか

採用担当者がどのような視点でプログラマーを見るか

未経験者でプログラマーとして応募する際には、その採用担当者がどのようなことで採用の可否を判断しているのかどうかを確認しておきたいところです。

プログラマーとしての伸びしろはチェック

プログラマー未経験者である場合は、スキル云々よりも「プログラマーとしての今後の伸びしろがあるのかどうか?」といったことが重要だとも言われています。

そのプログラマー未経験者である応募者の伸びしろがあるかどうかの判断基準としては、主に「プログラミングが好きかどうか?」という点についてです。

プログラミングが好きであれば、何ら苦も無く自発的に学習したり、新しい技術も吸収しようとしたりすることができるでしょう。

こういったそもそもプログラミングが好きであるよな応募者であれば、たとえ未経験であっても仕事はもちろん、それ以外でも積極的にプログラミングスキルを習得してくれることが期待されますし、当然成長も期待できるので伸びしろもあると考えられます。

そのため未経験からプログラマーとして企業で働く場合は、可能であればなるべくプログラミングを好きになれるのが理想ですし、そういったプログラミングが好きであることをアピールすると良い結果につながってくるでしょう。

未経験でプログラマーに転職するのはきついのか?

年齢が20代後半よりも若いというのであれば、未経験の場合であってもプログラマーに就職・転職することは可能ですが、問題は企業に入ったあとです。

IT企業の中には確かに人材育成に力を入れているところもあり、先輩のプログラマーなどから一から丁寧に仕事を教えてもらえるようなところもありますが、すべての企業がそうではありません。

中には新人研修に時間を費やす余裕のないようなところもあります。
そういったところであれば、ろくに仕事を教わらることなく、渡された本一冊で自分で実務をこなさなければならなかったりするケースも多々あります。

そのためプライベートでも日々自分で独学でプログラミングを学ばなければ、プログラマーとして仕事を行うことは厳しくなってきます。

こうしたことから未経験からプログラマーになる場合は、転職してからだと仕事以外でも日々勉強が必要になってくることもあるため、きついと言われています。

またIT業界は残業が多い職種なので、基本的に就業時間が長くなるという点においてもきついと言えます。

未経験からのプログラマーの場合年収はどれくらいもらえるのか?

未経験からプログラマーになった場合、目安となる年収としては大体250万円程度になります。

ただし未経験であってもスキルや経験を積んで実力が上がれば、年収も500万円や1000万円以上上がることも見込めます。

フリーランスの場合はピンキリになりますが、例えば未経験から実務経験があまり必要ないとされるWEB制作の仕事を始める場合でも、スキルや実績を積めば月に50万円以上稼ぐことも可能になります。

未経験からプログラマーになる場合は、最初に仕事以外でも勉強しなければならなかったりすることなど辛い部分がありますが、スキルさえ身につけてステップアップしていければ、高収入を得ることが期待されるのが魅力的です。

未経験からプログラマーになるための大まかな手順

未経験からプログラマーになるためには、大まかには主に下記のような手順を踏むと良いでしょう。

  • IT業界を理解する
  • プログラミングを習得し何か成果物を作る

プログラミングでの実績は必要

プログラミングでの実績は必要

プログラマーとして就職する際に、その採用率を上げるためにはプログラミングにどれだけ興味関心があるのかをアピールするのも重要です。

しかし最も大事なのは、プログラミングで何らかのアプリなどの成果物を作成し、それを見てもらうということです。

このプログラミングでの成果物が何よりもアピールポイントとなり、これがあることで採用率が断然上がると言われています。

そのためプログラマーとして就職する際になるべく採用されたいのであれば、このプログラミングでの成果物・実績をぜひ作っておくと良いでしょう。

IT業界を理解し、プログラマーでの実績を作る

IT業界を理解し、プログラマーでの実績を作る

未経験からプログラマーになるためには、まずIT業界について大まかに知っておきたいところです。

というのも一口にIT業界と言っても、その中には「ソフトウェア業界」「ハードウェア業界」「情報処理サービス業界」「インターネット・Web業界」といった4つの業界があり、それぞれで業務内容が違ってきます。

そのため自分がどういった仕事をしたいのかを大まかに決めてから、希望する業界を目指していくと良いでしょう。

またIT業界の中には主に「SIer(エスアイア)系」と「Web系」に分かれていて、それぞれで労働環境や将来性が違っています。

この両者の違いは、簡単に言えば「SIer系」に関しては、下請けになるのでWeb 系よりも労働環境が悪く給料も安いです。

またSIer系では個人が受け持つ業務内容の範囲も限られてくるため、IT業界で働く上でのスキルも身につきにくく、それによって実力をつけにくいことから、プログラマーとしてやっていくうえで将来的にもあまり期待できません。

こういった理由から、IT業界に参入するのであればSIer系ではなく、それよりも労働環境が良くてスキルも身につきやすいWeb系を目指すと良いでしょう。

またWeb系企業で実務経験を積んでスキルを身に着ければ、フリーランスに転身することもできるでしょう。

3カ月~半年でプログラマーになれるのか

3カ月~半年でプログラマーになれるのか

未経験からプログラマーになる場合、就職サポート付きのプログラミングスクールに通えば、3カ月~半年でプログラマーになることもできます。

プログラミングスクールに通えば、プログラミングのスキルを学べることはもちろん、プログラミングでの成果物を作成できたり、仕事上で役立つことを学べたり、スクールによっては現場での実務経験に近い実習なども体験できたりします。

また就職サポート付きのところだと、就職に成功するための面接の対策やアドバイスをしてくれたり、就職先を斡旋してくれたりします。

こうしたことから未経験者であっても、プログラミングスクールに通うことで3カ月~半年といった短い期間でもプログラマーになることが十分に可能です。

ちなみにプログラミングのスキルを習得したり、プログラミングでの成果物を作るのは、別にスクールに通うわなくても独学でも可能です。

しかし独学の場合はモチベーションが保ちにくかったり、分からないことが出てきた場合にすぐに講師やメンターに聞くこともできないので、どうしても時間がかかりがちになります。

そのため時間が惜しいのであれば、就職・転職サポートも充実しているプログラミングスクールに通うのも良いかもしれません。

未経験でプログラマーに転職したい人におすすめの求人転職サイト

未経験でプログラマーに転職したい人におすすめの求人転職サイト

転職サイトの場合は転職エージェントのように、専任のキャリアアドバイザーがついてくれるわけではありませんが、その反面自分のペースで気楽に職探しをすることができるのがメリットです。

未経験でプログラマーに転職したい人におすすめの求人サイトは主に下記のサイトが挙げられます。

  • Wantedly
  • Find job

Wantedly

Wantedly

Wantedlyは主にIT業界向けの企業と人材をマッチングさせる、ビジネスSNSサイトです。

ここに登録をしてプロフィールを充実させることで、自分にあった企業からスカウトがかかり、面接ではなく面談という形で気軽に企業とマッチングすることができます。

Find job

Find job

Find jobはIT業界の求人が豊富であり、プログラマーにもうってつけの求人サイトです。

ここでは無料でキャリアアドバイザーから履歴書の作り方や面接対策を教えてくれたり、年収を交渉してくれたりと就職支援サービスが充実しているのが魅力的です。

未経験でプログラマーに転職したい人におすすめの転職エージェント

未経験でプログラマーに転職したい人におすすめの転職エージェント

転職エージェントの場合は、転職サイトとは違って専任のキャリアアドバイザーがつき、求人紹介から面接対策・給与交渉まで手取り足取りサポートしてもらえて内定率も高いのが魅力的です。

未経験でプログラマーに転職したい人におすすめの転職エージェントは主に下記のサイトが挙げられます。

  • リクルートエージェント
  • レバテックキャリア
  • マイナビ転職エージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントはIT業界の求人が最多レベルに豊富な転職エージェントです。

またここでは定期的にセミナーが開催されていたり、職務履歴書作成ツールで簡単に履歴書を作れたりとサポートが充実しています。

レバテックキャリア

レバテックキャリアはIT業界に特化した転職エージェントであり、専門知識のあるキャリアアドバイザーにより、個人に合った求人を提案してもらえます。

また入社後にもサポートが受けられるのも魅力的です。

マイナビ転職エージェント

マイナビ転職エージェントはIT業界を始め豊富な求人数がとにかく豊富にある転職エージェントです。

非公開求人も多くあり、書類選考通過率が高く、女性が働きやすい企業も多く紹介してくれるため女性にもおすすめです。