今回はプログラミングスクールに通ったけれども失敗してしまったという失敗談や、失敗しないようにするためにどうすれば良いのかについて、スクールのメリットやデメリットも含めて考慮しつつまとめてみました。

プログラミングスクールおすすめ無料比較ランキング

プログラミングスクールに通ったけれど転職に失敗したという例も

プログラミングスクールは、短期間でプログラミングを習得することができ、転職まで可能にさせるという点において魅力的ですが、その反面スクールに通ったけれども失敗したというケースも少なからずあるようです。

以下ではそんなプログラミングスクールにまつわる失敗談についてまとめてみました。

授業料が高く通えばしっかりとプログラミングスキルの習得が期待されるプログラミングスクールですが、自発的に学習する意欲がなければあまり意味はないようです。

オンライン形式ではなく通学形式のプログラミングスクールの場合は、他の生徒もいるケースがあり、その分モチベーションが保てそうですが、学習する際の要領が悪かったり、呑み込みが遅かったりすればかえって仇になることもあるようです。

プログラミングスクールでは確かに短期間で効率的に学べるチャンスがありますが、人によってはスクールに通うよりも独学の方が向いていたりもするようです。

 

初心者の場合であれば、C言語など最初に学ぶ言語によっては挫折してしまうことが多いようです。

またプログラミングスクールで学ぶ言語が、実は自分のやりたいこととは合致していなかった場合は、後から後悔する可能性もあるようです。

初心者の方でプログラミングスクールに期待しすぎる人は通っても失敗しやすい

プログラミングスクールに通ったからといって誰もが成功出来る訳ではありません。

以下プログラミングスクールに通って失敗した人の例をご紹介します。
プログラミングの独学での入門と初心者の勉強方法 

プログラミングスクールに通っても失敗する人の思考回路

プログラミングスクールに通っても失敗する人の思考回路としてよくありがちなのが、「わざわざ高い授業料を払ってプログラミングスクールに通うのだから、未経験でもエンジニアやプログラマーになれる」という思ように過度に期待してしまうということです。

プログラミングスクールは確かに初学者でも分かりやすく優れたカリキュラムがあって、講師・メンターにいつでも質問できることから、独学で勉強するよりも断然プログラミングが身につきやすいです。

しかしSNS上での体験談などを見ても分かる通り、学習意欲に欠けていたり、プログラミングについて最低限のことをあらかじめ理解していなかったり、プログラミングを学ぶ目標が曖昧だったりすると、折角プログラミングスクールに行ったとしても挫折して失敗してしまうことがあります。

プログラミングスクールで失敗しない為に軽く言語については調べておく

またプログラミングスクールで失敗談でありがちなのが、最初にスクールに通う目標を明確にしていなかったことが原因で失敗したという話です。

プログラミングを行う目的は、WEBサイトの作成だったり、アプリの作成だったりと色々とあるわけですが、それぞれの目的によって習得すべきプログラミング言語は異なってきます。

そのため目的が曖昧な状態でスクールに入り、後から自分の目的が決まったという場合に、その目的に合った言語が通っていたスクールでは取り扱われていなかったとなれば、わざわざスクールに通う意味がありません。

また目的がクリアではなく、ただ漠然とプログラミングを学ぶのでは面白くありませんし、いくらスクールとはいえモチベーションも保ちにくく失敗しがちになってしまいます。

そして学習効率の面においても、やはり事前に目的が定まっている場合とそうでない場合とでは、雲泥の差があります。

こうしたことからスクールに入る前に、まずプログラミングを学ぶ目標をはっきりとさせておくと良いでしょう。

そのためにも自分の目標を達成させるために必要な言語は一体なんなのかについて軽く調べておきたいところです。

ちなみにプログラミングを行う目的と、それに必要な言語は主に下記の通りです。

プログラミングを学ぶ目的 習得すべき言語
WEBサイト・WEBアプリを作る HTML/CSS/JavaScript/PHP/Rubyなど
iOSアプリを作る Swift
Androidアプリを作る Java
ゲームを作る Unityなど
AI・機械学習など Python

目的が決まらなければ、とりあえず初心者でも習得が容易なHTML/CSSを始め、その他簡単かつ実用性がありWEBアプリの作成などが可能になるJavaScript、Python、Ruby、PHP辺りがおすすめです。

その他スクールの無料体験レッスンなどで、どういった言語を学ぶべきか相談しに行くのも良いでしょう。

金銭的な失敗はあり得る。最大50万円の損失もあり得る

プログラミングスクールの受講料は、安い場合でも10万円以上、高ければ50万円程度と高額な費用がかかります。

仮にプログラミングスクールで挫折するなりして失敗した場合は、こうした高額な費用を損失してしまうこともあり得ます。

そのためプログラミング初心者でスクールに通って学習をする場合は、そこで失敗しないように事前に対策を打っておくことが重要です。

プログラミングスクールおすすめランキング

プログラミングスクールで挫折する前にそのメリットとデメリットについて確認!

プログラミングスクールに通ってはみたけれども上手くいかずに挫折してしまって後から後悔しないようにするためにも、スクールに通うことのメリット・デメリットについて改めて確認しておきたいところです。

プログラミングスクールに通うメリット

プログラミングスクールに通うことのメリットは主に下記のことが言えます。

  • 分からないことはプロに聞けたりするので独学よりも効率的に学べる
  • 独学よりもモチベーションを保ちやすい
  • 就職・転職サポートがある
  • 通学式のところだと人脈を築ける可能性がある

分からないことはプロに聞けたりするので独学よりも効率的に学べる

まずプログラミングスクールに通うメリットとしては、独学とは違い分らないことがあれば現役でエンジニアをしているようなプロの講師にその場で教えてもらえるということです。

例えばプログラミングを初めて学習するような場合は分からないことだらけですし、書籍や無料動画サイトで学習してコードをそのまま書いたつもりだったとしても何故かエラーや不具合が出てくるようなことが少なからずあったりします。

こうした場合初心者であれば、そのエラーの原因を特定するのも難しいですし、修正するとなればそれだけで多くの時間を費やしてしまいます。

下手をすれば何時間かけても何も解決しないといったことがあったりするので、時間効率的にも非常に悪く、そういったことで挫折してしまう人も多いんですね。

しかしプログラミングスクールであれば、こうしたエラーや分からないことがあれば経験豊富なプロの講師にすぐに聞けますし、的確なアドバイスが得られるので、独学の場合と比べてもスキルの習得も早く時間的にも非常に効率的です。

またプログラミングスクールの場合は、そのスクールによってはカリキュラムに関しても質が高いので、この点においても短期間で効率的にプログラミングを習得できる理由にもなります。

独学よりもモチベーションを保ちやすい

更にプログラミングスクールを通うメリットとして挙げられるのが、独学よりもモチベーションを保ちやすいということです。

というのもプログラミングスクールの場合は受講料が安くはなく、ひとつのコースでも最低10万円以上はかかってきたりします。

このようにスクールではかなり高額なお金がかかっているため、こうした費用をプログラミングスキルを習得して後々回収するために、意地でも頑張ろうという気になることができます。

また通学式のところであれば、講師とのマンツーマンレッスンを受けることができたり、同期の仲間ともお互い切磋琢磨しながら学ぶことができるので、なおさらモチベーションを保ちやすくなってくるでしょう。

オンラインのスクールでも週に1,2回講師とビデオ通話を通じて、相談ができたり学習を進められたりするので、嫌でもサボりにくい環境に身を置くことができます。

就職・転職サポートがある

またプログラミングスクールの場合は、転職に必要となることをアドバイスしてくれたり、就職を斡旋してくれたりと就職・転職サポート充実しているのもメリットです。

中には転職率が98%というようなスクールもあるので、エンジニアやプログラマーに転職することが前提で通いたい場合は、そうした業界への就職・転職に強いスクールに通うと良いでしょう。

ただし転職率の良いところは、紹介される仕事先が派遣になるケースが多いのでこの点は注意しておきたいところですね。

通学式のところだと人脈を築ける可能性がある

プログラミングスクールの中でも通学式のところだと、講師の方はもちろん同期の仲間といった横とのつながりができることもあったりします。

ここで上手く人脈を築けることができれば、そのコネによって自分にエンジニア・プログラマーとしての仕事が回ってきたり、メンバー同士で起業をするといった話も出てきたりします。

そのためスクールで上手く講師なり同期なりとつながりが持てれば、エンジニアとして仕事をするうえで将来的にも良い影響を及ぼすことになるでしょう。

プログラミングスクールに通うデメリット

一方でプログラミングスクールに通うことのデメリットは主に下記のことが言えます。

  • 受講料が高い
  • 必ずプログラミングスキルを習得できるわけではない

受講料が高い

プログラミングスクールに通うデメリットとしてまず挙げられるのが、なんといっても受講料が高いということです。

スクールの受講料は安くても10~15万円、高ければ50~60万円はかかります。

またスクールの中にも質の良いところとそうでないところがあったりします。

ここで悪いところを選んでしまうと、授業料が高い割にあまり学習効果がなかったということもありますし、こうなると高額なお金をドブに捨ててしまうことにもなり兼ねません。

そのためプログラミングスクールに通う際は、そのスクール選びも重要になります。

必ずプログラミングスキルを習得できるわけではない

プログラミングスクールは確かに独学よりもモチベーションを保ちやすく、効率的にプログラミングを習得することが可能です。

しかし肝心の本人にやる気がなければ、いくら講師やカリキュラムの質が良くて効率的に学べる環境にあっても、プログラミングスキルを習得できるわけではありません。

またプログラミング自体も一切触れたことがなかったり、そもそもパソコン操作自体に疎いというレベルであれば、プログラミングスキルの習得以前に身に着けなければならないことがたくさんあります。

そういった段階でプログラミングスクールに行っても、プログラミング学習を進めるにはハードルが高いので、通ったとしても途中で挫折するか、満足にプログラミングスキルを習得できないことも考えられます。

プログラミングスクールは高い。お金がない人はどうすればいい?

プログラミングスクールに通って失敗しないために心掛けておきたい3つのこと

以上プログラミングスクールの失敗例やスクールのメリット・デメリットなどから、プログラミングスクールに通って失敗しないために心掛けておきたいこととして下記の3つのことが言えます。

  • プログラミングスクールでの学習効果を過度に期待しない
  • 初心者の場合はあらかじめプログラミングについてある程度学習しておく
  • プログラミングスクール選びに気を付ける

プログラミングスクールでの学習効果を過度に期待しない

多くのプログラミングスクールの失敗談からも、高いお金を払ってプログラミングスクールに入ったからというだけで、十分な学習効果を期待できるというわけではありません。

十分な学習効果が期待されるかどうかは、あくまで自分自身の頑張り次第によることも大きいです。

そのためプログラミングスクールに入ってからの学習効果は、過度に期待しないようにしておくと良いでしょう。

初心者の場合はあらかじめプログラミングについてある程度学習しておく

上記でも触れましたが、プログラミングについて全く理解していない状態でいきなりスクールに通う場合、わざわざスクールに行ってまで学ぶ必要のない、調べれば誰でも分かるようなことまでそこで学ぶことになるため、学習の質も低くなりますし、学習効率もコスパも悪いです。

またプログラミングスクールに通う目的も曖昧だという場合であれば、ただ漠然と学ぶことになるのでスクールに通っても学習のモチベーションも上げづらいです。

そしてプログラミングスクールでの学習期間は最短1カ月~6カ月など、短期間であるケースが多いのですが、全くのプログラミング初心者だというのであれば、この短い期間の間に十分なプログラミングスキルを身に着けるのは、当然現実的ではありません。

こうしたことから初心者の方は、いきなりプログラミングスクールに通うのではなく、まずは自分がやりたいことを明確化し、その目的に必要となるプログラミング言語を把握したうえで、それら自分が学ぶべき言語について軽く触れておくと良いでしょう。

例えばWEBサイトの作成がしたいのであれば、HTML・CSS・JavaScript(可能ならPHPやRubyも)辺りをとりあえず独学で学習してみると良いでしょう。

ちなみにこれらプログラミング言語の独学での学習に関しては、無料動画サイトである「Progate」や「ドットインストール」などを使うと便利です。

このような感じでまず自分が作りたいものなどの目標を明らかにしたうえで、プログラミングスクールを利用することで、何も知らずに目標もなく漠然と通うよりも、疑問点における質問の質も俄然高まるでしょうし、その回答によって得られるものも違ってくるでしょう。

プログラミングスクール選びに気を付ける

プログラミングスクールのデメリットの項目でも触れた通り、プログラミングスクールにも良し悪しがあったりしますし、自分に合ったスクールもその人によって変わってきます。

そのため最低限口コミなどでも評判の良いスクールを選ぶのはもちろん、自分に合ったところを選ぶようにすると良いでしょう。

ちなみに自分に合ったスクールの選び方は主に下記のようなポイントがあります。

  • 自分の目的に合った言語が学べるか
  • オンラインか通学式か
  • 転職前提であればどれくらい転職サポートが充実しているのか

結局自分から積極的にプログラミングを習得しようとする姿勢が重要!

プログラミングスクールで失敗しないようにするためには、スクール選びに気をつけることはもちろん、スクール入ってからも自分から積極的にプログラミングを習得しようとする姿勢が重要になります。

そのためにもスクールに通う前に、プログラミングについて触れておき、自分がプログラミングを通してやりたいビジョンを具体化させることが必要になります。

こうすることでただ漠然と学習するよりもモチベーションが保ちやすいですし、スクールでの学習効率を上げることも期待できるでしょう。